■ディレクトリ登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策に効果的!ディレクトリ登録

前回PageRank(ページランク)の記事の中で、良質な被リンクを
増やしていくことがPageRank(ページランク)アップにつながる
と解説しました。

そこで今回は大手のディレクトリ登録について解説します。

ディレクトリ登録されるとSEO対策で必要な被リンクを
持続的に得ることができます。
また、良質な大手ディレクトリからリンクが張られるため
SEO対策にとても効果的です。

大手ディレクトリから持続的な被リンクを得ることで、
登録したサイト自身も良質と判断されます。
それによって検索エンジンで上位表示されうようになります。


■大手ディレクトリ登録


インターネットの商用利用が定着するのに伴い、ディレクトリサービス
への登録はほとんど有料化されてしまい、現在無料で登録が可能な
大手ポータルサイトはYahoo! JapanとGoogleなどが採用している
Open Directoryプロジェクトくらいです。

いずれもカテゴリーを選び、フッタにある「サイトの推薦・依頼」をクリック
します。登録までには1~3週間程度掛かります。
また、Yahoo! Japanでは現在、商用目的のサイトは全て有料審査制度の
ビジネスエクスプレスのみとなっているため、ウェブページの内容によって
は拒否される可能性があります。

1. Yahoo!カテゴリ登録(非商用サイトの登録)
Yahoo!カテゴリでは、Yahoo! JAPANのスタッフが、内容を確認して
登録可否を判断したサイトが掲載されています。登録されたサイトは、
Yahoo!カテゴリに登録サイトとして掲載されるほか、Yahoo!検索で
「登録サイト」を対象に検索したときの検索結果にも、検索キーワード
に応じて表示されます。

2. Yahoo!ビジネスエクスプレス(商用目的のサイトの登録)
Yahoo!ビジネスエクスプレスとは、企業、団体、個人事業主が
運営するサイトが商用目的のサイトとしてYahoo!カテゴリに登録
できるかを審査し、結果をメールにて返信する有料サービスです。

3. Open Directoryサイト申請
申請したサイトがOpen Directoryに掲載された場合、
Open Directoryのデータを利用しているサーチエンジンやポータル
(Google, AOL Search, DirectHit, HotBot, Lycos, Netscape Search など)
へ掲載されます。

以下の有料のリスティングサービスを利用することで、大手ポータルサイト
に登録することができます。大手ポータルサイトからリンクされることは、
検索エンジンの最適化にも有効です。あくまでも審査の申請であり、
必ず登録される訳ではありません。

4. Jエントリー

Jリスティングが提供するディレクトリサービス「Jエントリー」
「Jディレクトリー」へWEBサイトを登録されると、livedoor、Fresheye、AOL、
au oneなど、国内有数の大手ポータルサイトからの良質な被リンクが発生
することになり、SEOに大きな効果をあげることが期待出来ます。

5. X-Listing(クロスリスティング)
X-Listing(クロスリスティング)が提供するディレクトリサービス
「MonkeyPod(モンキーポッド)」に登録し、提携する複数の大手ポータル
サイトのディレクトリに、サイトを一括掲載する為の審査登録サービスです。
X-Listing(クロスリスティング)の主な提携サイトは、goo, excite, biglobe,
nifty, OCN, so-netなどです。


スポンサーサイト

カテゴリ

ブログ内検索

全記事表示リンク

PR

おすすめASP

登録ASPの中で、
特におすすめのASPを
ピックアップしました。

A8.net
アフィリエイトをやる人なら
絶対登録しているというくらい
基本中の基本「A8.net」

バリューコマース
Yahoo! JAPANのアフィリエイトができるのはバリューコマースだけです。

リンクシェア
2007年アフィリエイト満足度
ランキング第1位。1円から
報酬を受け取れる。

おすすめレンタルサーバー

ロリポップ!
月額263円で機能満載。
独自ドメインOK・ブログ簡単
設置・アンチウイルス・スパムフィルター標準装備。

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。